学習教育目標ガクシュウキョウイクモクヒョウ 基準キジュン1(1)
(a)-(h)
評価方法ヒョウカホウホウ 備考ビコウ
(A) 技術者としての倫理を尊重できる人材の育成
A-1 グローバルな視点から物事を考える能力 (a) 外国語科目より英語8単位および新修外国語6単位を修得すること  
A-2 人文・社会科学的視点から物事を考える能力 (b) 総合教育科目ソウゴウキョウイクカモクAおよびBより16単位タンイを修得すること  
A-3 技術者として生命・社会に対す責任を果たす能力 (b) 技術者倫理ギジュツシャリンリ」の単位タンイ修得シュウトクすること 「卒業研究課題の社会的影響に関するレポート」をんだ卒業研究論文ソツギョウケンキュウロンブンの評価が60点以上であること
(B) 工学基礎知識の修得
B-1 数学・物理に関する基礎知識の修得 (c) 基礎教育科目キソキョウイクカモク準必修科目ジュンヒシュウカモクより16単位タンイを修得すること 数学系科目スウガクケイカモクは6単位以上必要タンイイジョウヒツヨウ
B-2 情報処理に関する基礎知識の修得 (d)-(1) 化学情報処理演習カガクジョウホウショリエンシュウ」の単位タンイ修得シュウトクすること 当該科目トウガイカモク応用化学実験Tオウヨウカガクジッケン1フク評価ヒョウカする
B-3 基礎化学以外の工学基礎知識の修得 (d)-(1) 科目群Cの選択必修科目カモクグンシーヨリセンタクヒッシュウカモクより6単位タンイを修得すること  
(C) 専門知識の修得
C-1 化学基礎知識の修得 (d)-(3) 科目群Aの順必修科目カモクグンエーノジュンヒッシュウカモクより20単位タンイを修得すること 物理化学Uブツリカガク2」は必修ヒッシュウ
C-2 化学工学に関する知識の修得 (d)-(2) 化学工学Tカガクコウガク1」「化学工学Uカガクコウガク2」「物理化学Tブツリカガク1」の単位タンイ修得シュウトクすること  
C-3 応用化学専門知識の修得 (d)-(4) 科目群Bより卒業要件カモクグンビーヨリソツギョウヨウケン必要ヒツヨウ単位タンイ修得シュウトクすること 提供科目数テイキョウカモクスウより最低サイテイXX単位タンイ修得シュウトク必要ヒツヨウ
C-4 化学実験技術の習得 (d)-(3) 基礎化学実験Tキソカガクジッケン1」「基礎化学実験Uキソカガクジッケン2」「応用化学実験Tオウヨウカガクジッケン1」「応用化学実験Uオウヨウカガクジッケン2」の単位タンイ修得シュウトクすること  
(D) データの収集、解析、およびその結果を出力する能力を持った人材の育成
D-1 問題解決のために必要な情報を収集する能力 (e)
(f)
(g)
(h)
(d)-(4)
(b)
科目群Dより4単位カモクグンディーヨリ4タンイを修得すること 雑誌会ザッシカイおよび研究経過報告会ケンキュウケイカホウコクカイでの活動カツドウ評価ヒョウカする
D-2 集めた情報を分析する能力
D-3 分析した結果をまとめ・発表する能力
(E) 問題を解決する能力を持った人材の育成
E-1 自ら積極的に社会の要求・問題を見出す能力 (e)
(f)
(g)
(h)
(d)-(4)
(b)
卒業研究Tソツギョウケンキュウ1」「卒業研究Uソツギョウケンキュウ2」の単位タンイ修得シュウトクすること 卒業研究活動ソツギョウケンキュウカツドウ卒業研究発表会ソツギョウケンキュウハッピョウカイでの発表ハッピョウ、および卒業研究論文ソツギョウケンキュウロンブンモトづき総合的ソウゴウテキ評価ヒョウカする
E-2 それらを基礎および専門知識を総合して分析し,解決策を提案する能力
E-3 技術的・社会的な制約の下で仕事を計画的・継続的に遂行し、完成させ得る自立した技術者となるための能力