科 目 名:演習物理化学                        科目英文名:Practical Physical Chemistry

担 当 者:米谷 紀嗣

授業(形態):専門科目(講義)                   単位(区分):2単位(A)

                                                                     

[科目の主題と目標]

 化学工業ではさまざまな物質、材料が用いられているが、これらの構造、物性などの特性を原子、分子レベルで理解し、新物質、新材料を開発するためには物理化学の高度の知識が必要である。

 物理化学の基礎の学習は、「物理化学序論,I,U,V,W」および「演習物理化学」の履修により完成するよう授業内容が構成されている。「演習物理化学」では、「物理化学I〜W」の講義内容を基に、量子化学、分子構造論、反応動力学を中心とする物理化学の進んだ話題の講義と演習を行ない、工学的課題にも取り組める学識を養う。

 この科目は応用化学科の学習教育目標の(C-1)に関連する。

 

[授業内容・授業計画]

回 数

題  目

内  容

第1回

第2回

第3回

第4回

第5回

第6回

第7回

第8回

第9回

10

11

12

13

14

15

量子化学(1)

量子化学(2)

量子化学(3)

量子化学(4)

分子構造(1)

分子構造(2)

分子構造(3)

分子構造(

反応動力学(1)

反応動力学(2)

反応動力学(3)

反応動力学(4)

反応動力学(

まとめ

期末試験

量子力学の化学への応用(T)

量子力学の化学への応用(U)

量子力学の化学への応用(V)

量子力学の化学への応用(W)

分子構造論(I)

分子構造論(U)

分子構造論(V)

分子構造論(W)

分子の反応動力学(T)

分子の反応動力学(U)

分子の反応動力学(V)

分子の反応動力学(W)

分子の反応動力学(X)

 

 

[教材] 教科書:アトキンス『物理化学』(上)(下)第6版(東京化学同人)

 

[履修目標]

(1)  多電子原子のエネルギー準位、原子軌道関数と原子スペクトルを理解する。

(2)  分子軌道法を用いて二原子分子、多原子分子の構造と性質が理解できる。

(3)  分子の対称性、群論と分子スペクトルについて理解する。

(4)  反応動力学について理解する。

 

[受講生へのコメント]

 「物理化学T」、「物理化学U」、「物理化学V」、および「物理化学W」を履修しておくこと。

 

[成績評価の方法及び基準]

 発表等 (30%)、期末筆記試験 (70%) を基に評価する。

A:各履修目標の理解度の平均が80%以上に達している。
B:各履修目標の理解度の平均が70%以上に達している。
C:各履修目標の理解度の平均が60%以上に達している。
 

[学習相談の方法]

 火曜5限に教官室で,またはe-mailにより質問等を受け付ける。