科 目 名:機器分析化学I                 科目英文名:Instrumental Analytical Chemistry I

担 当 者:東 秀紀

授業(形態):専門科目(講義)              単位(区分):2単位 (自由選択)

                                                             

[科目の主題と目標]

 有機化合物や生体関連物質の分離・精製及びそれらの構造や物性の解析は、有機化学や生化学、分子生物学の研究に欠くことのできないものである。

機器分析化学の基礎の学習は、「機器分析化学T」と「機器分析化学U」の両科目の履修により完成するように授業内容が構成されている。「機器分析化学I」では、赤外線吸収、NMR、質量分析、可視・紫外線吸収などのスペクトルの測定法や基礎的解析法を説明し、これらのスペクトルデータの解析などにより、有機化合物の構造の推定や同定に関する理解を深める。内容の理解度を深め、問題を解く能力を養うために、講義中に演習を行う。また更に高度な問題を与え、その解答をレポートで提出させる。

 

 

[授業内容・授業計画]

回 数

題  目

内  容

第1回

第2回

第3回

第4回

第5回

第6回

第7回

第8回

第9回

10

11

12

13

14

15

ガイダンス、赤外線吸収スペクトル法(1)

赤外線吸収スペクトル法のスペクトルの解析

1H NMRスペクトル法(2)

演習(2)

13C NMRスペクトル法(3

演習(3

演習(1)〜(3)

中間試験

質量分析法(4)

演習(4)

可視・紫外線吸収スペクトル法(5)

(1)〜(5)のスペクトルから構造解析

(1)〜(5)のスペクトルから構造解析

まとめ

期末試験

機器分析化学の概要、(1)の測定理論と装置、測定法

官能基の特性吸収、構造解析、演習

(2)の測定理論と装置、測定法

(2)のスペクトルデータから構造解析

3)の測定理論と装置、測定法

3)のスペクトルデータから構造解析

(1)(3)のスペクトルデータから構造解析

 

(4)の測定理論と装置、測定法

(4)のスペクトルデータから構造解析

(5)の測定理論と装置、測定法

有機化合物の構造解析、演習

生体関連物質の構造解析、演習

 

 

 

[教材] 教科書:泉 他4名監修『機器分析のてびき』(1)(2)(3)及び(データ集)第2版(化学同人)

      「機器分析化学I」では主として(1)と(データ集)を用いる。また、適宜プリントを配布する。

 

[履修目標]

(1) 赤外線吸収の測定理論と装置や測定法などについて理解する。

(2) NMRの測定理論と装置や測定法などについて理解する。

(3) 質量分析の測定理論と装置や測定法などについて理解する。

(4)   可視・紫外線吸収の測定理論と装置や測定法などについて理解する。

(5)   構造解析法を理解し、種々のスペクトルデータから有機化合物の構造を推定し、同定する能力を養う。

 

[受講生へのコメント]

 後期の「機器分析化学II」も履修すること。

 

[成績評価の方法及び基準]

小テスト・レポート (10%)、中間および期末筆記試験 (90%) を基に評価する。

A:各履修目標の理解度の平均が80%以上に達している。
B:各履修目標の理解度の平均が70%以上に達している。
C:各履修目標の理解度の平均が60%以上に達している。
 

[学習相談の方法]

 原則として月曜5限に教員室で,またはe-mail (東、azuma@bioa.eng.osaka-cu.ac.jp) により質問等を受け付ける。