科 目 名:機器分析化学U                      科目英文名:Instrumental Analysis in Bioscience

担 当 者:東 秀紀

授業(形態):専門科目(講義)                   単位(区分):2単位   (自由選択)

[科目の主題と目標]

 有機化合物や生体関連物質の分離・精製及びそれらの構造や物性の解析は、有機化学や生化学、分子生物学の研究に欠くことのできないものである。

 機器分析化学の基礎の学習は、「機器分析化学T」と「機器分析化学U」の両科目の履修により完成するように授業内容が構成されている。「機器分析化学U」では、有機化合物や生体関連物質の精製分離、定性分析、定量分析に使用される機器分析法について、その背景にある基礎理論と共に、実際の使用にあたっての留意点について学ぶ。

 

[授業内容・授業計画]

回 数

題  目

内  容

第1回

第2回

第3回

第4回

第5回

第6回

第7回

第8回

第9回

10

11

12

13

14

15

クロマトグラフィー(1)

クロマトグラフィー(2)

クロマトグラフィー(3)

クロマトグラフィー(4)

クロマトグラフィー(5)

クロマトグラフィー(6)

中間試験

旋光度、ORD、CDスペクトル(1)

旋光度、ORD、CDスペクトル(2)

旋光度、ORD、CDスペクトル(3)

旋光度、ORD、CDスペクトル(4)

電気泳動(1)

電気泳動(2)

電気泳動(3)

期末試験

クロマトグラフィーの理論(1)

クロマトグラフィーの理論(2)

薄層及びカラムクロマトグラフィー

高速液体クロマトグラフィー(1)

高速液体クロマトグラフィー(2)

ガスクロマトグラフィー

 

理論(1)

理論(2)

測定法(1)

測定法(2)

理論

核酸の電気泳動

タンパク質の電気泳動

 

[教材] 教科書:泉 他4名監修『機器分析のてびき』(2)(3)第2版(化学同人)

       参考書:Gritter他『入門クロマトグラフィー』(東京化学同人)

 

[履修目標]

(1) クロマトグラフィーで物質が分離できる原理を理解する。

(2) 拡散のない理想系クロマトグラフィー中での物質挙動について理解する。

(3) 各種クロマトグラフィーの原理、使用法並びに使用に際しての留意点を理解する。

(4) 旋光度、ORDCDの原理を理解する。

(5) 旋光度、ORDCDのデータからどのような情報が得られるかを理解する。

(6) 電気泳動の原理、使用法を理解する。

 

[受講生へのコメント]

 予習と復習は欠かせません。理解することを諦めないで下さい。

 

[成績評価の方法及び基準]

レポート(15%)、中間および期末筆記試験 (85%) を基に評価する。

A:各履修目標の理解度の平均が80%以上に達している。
B:各履修目標の理解度の平均が70%以上に達している。
C:各履修目標の理解度の平均が60%以上に達している。
 

[学習相談の方法]

 原則として月曜5限に教官室で,またはe-mail(azumah@bioa.eng.osaka-cu.ac.jp)により質問等を受け付ける。