科 目 名:物理有機化学                           科目英文名:Physical Organic Chemistry

担 当 者:南 達哉

授業(形態):専門科目(講義)                      単位(区分):2単位(B)

                                                                          

[科目の主題と目標]

 素材分野からファインケミカルズなどの先端分野への移行が進む化学工業やバイオテクノロジーの成果を利用した生物化学工業を理解するうえで、炭素原子を中心とする有機分子の化学は重要な基礎知識の一つである。

 「物理有機化学」は有機化学の応用科目として設定されており、化学基礎知識の学習を基に、より高度の専門知識を身に付けることを目標としている。この講義では、分子軌道理論および有機分子の立体化学について学習する。内容の理解度を深め、問題を解く能力を養うために、講義中に演習を行う。

 この科目は応用化学科の学習教育目標の(C-3)に関連する。

 

[授業内容・授業計画]

回 数

題  目

内  容

第1回

第2回

第3回

第4回

第5回

第6回

第7回

第8回

第9回

10

11

12

13

14

概論

化学結合論(1)

化学結合論(2)

分子軌道論(1)

分子軌道論(2)

分子軌道論(3)

分子軌道論(4)

分子軌道論(5)

分子軌道論(6)

中間試験

有機立体化学(1)

有機立体化学(2)

有機立体化学(3)

期末試験

物理有機化学とは

共有結合と電子

分子の形と分子軌道

エチレンの分子軌道

1,3-ブタジエンの分子軌道

環化付加反応と分子軌道

電子環状反応と分子軌道

置換反応と分子軌道

脱離および付加反応と分子軌道

 

アルケン形成反応における立体化学

アルケンの付加反応における立体化学

キラルテクノロジー

 

 

[教材] 教科書:ボルハルト,ショアー『現代有機化学』(上)(下)第4版(化学同人)、

    適時プリントを配付します。

 

[履修目標]

(1)   分子軌道法とペリ環状反応の関係について理解する。

(2)   有機反応と分子軌道法の関係について理解する。

(3)   有機反応における立体選択性の発現について理解する。

(4)   光学活性化合物の合成について理解する。

 

[受講生へのコメント]

 教科書を超えた内容についても講義するので、主体的に勉学するためには授業に出席することはもちろんのこと、演習課題に対して積極的に取り組むことが必須である。「有機化学I,U,V,W, および X」の知識を基に講義を行います。「有機化学I」,「有機化学U」,「有機化学V」、「有機化学W」および「有機化学X」を履修した者だけが受講できます。

 

[成績評価の方法及び基準]

小テスト (30%)、中間および期末筆記試験 (70%) を基に評価する。

A:各履修目標の理解度の平均が80%以上に達している。
B:各履修目標の理解度の平均が70%以上に達している。
C:各履修目標の理解度の平均が60%以上に達している。
 

[学習相談の方法]

 月曜5限に教員室で,またはe-mailにより質問等を受け付ける。