科 目 名:有機金属化学                           科目英文名:Organometallic Chemistry

担 当 者:畠中 康夫

授業(形態):専門科目(講義)                      単位(区分):2単位(B)

                                     

 [科目の主題と目標]

 有機典型金属化合物を用いる有機反応や重合反応は、有機化合物や高分子化合物を合成するための最も重要な方法の一つである。「有機金属化学」は有機化学の応用科目として設定されており、化学基礎知識の学習を基に、より高度の専門知識を身に付けることを目標としている。本講では、有機典型金属化合物による炭素−炭素結合形成反応、ルイス酸触媒反応、および有機典型金属化合物を用いる有機合成反応について総合的な知見の習得を目指す。また、有機工業化学への応用についても言及する。

 この科目は応用化学科の学習教育目標の(C-3)に関連する。

 

[授業内容・授業計画]

回 数

題  目

内  容

第1回

第2回

第3回

第4回

第5回

第6回

第7回

第8回

第9回

10

11

12

13

14

有機典型金属化合物の性質

有機アルカリ金属化合物

有機アルカリ土類金属化合物

有機亜鉛化合物

第3族有機典型化合物(1)

第3族有機典型化合物(2)

中間試験

第14族有機典型化合物(1)

第14族有機典型化合物(2)

第14族有機典型化合物(3)

第14族有機典型化合物(4)

触媒反応による有機合成(1)

触媒反応による有機合成(2)

期末試験

金属−炭素結合の性質の概観

有機リチウム化合物の性質と合成反応

グリニャール反応剤による有機合成

有機亜鉛化合物の合成と反応

有機ホウ素化合物の合成反応

有機アルミニウム化合物の合成反応

 

有機ケイ素化合物の電子的性質

有機ケイ素化合物の合成反応

有機スズ素化合物の合成

有機スズ素化合物の合成反応

ルイス酸触媒を用いる合成反応

ルイス酸触媒の有機合成への応用

 

 

[教材] 教科書:松田 勇・丸岡啓二『有機金属化学 基礎化学コース』(丸善)

 

[履修目標]

(1)   有機典型金属化合物の基本反応を理解する。

(2)   有機典型金属化合物を用いる有機合成反応を理解する。

(3)   典型金属触媒を用いる基本的な触媒反応の機構を理解する。

(4)   触媒反応の有機合成への応用に関する知見を深める。

 

[受講生へのコメント]

 「有機化学T〜X」と「基礎無機化学」の履修を前提に講義を進める。

 

[成績評価の方法及び基準]

レポート (10%)、中間試験 (45%)および期末試験 (45%) を基に評価する。

A:各履修目標の理解度の平均が80%以上に達している。
B:各履修目標の理解度の平均が70%以上に達している。
C:各履修目標の理解度の平均が60%以上に達している。
 

[学習相談の方法]

 原則として金曜5限に教員室で質問を受け付ける。なお、これに限らず柔軟に学習相談に応ずるので、電話かe-mailで問合せをすること