科 目 名:応用物性工学                        科目英文名:Applied Solid State Chemistry

担 当 者:米澤 義朗

授業(形態):専門科目(講義)                   単位(区分):2単位(D)

 

[科目の主題と目標]

 無機固体、有機固体、固体/分子系、凝縮相の構造論、物性論と機能性材料への応用について解説し、また最近の研究論文、総説、解説を用い演習、討論をおこなう。

この科目は応用化学科の学習教育目標の(D)に関連する。

 

[授業内容・授業計画]

1回程度適宜設定し、その年度の授業計画、授業内容及び資料は、一回目の講義の際に配布する。

 

[教材]

 資料は適時配布する。

 

[受講生へのコメント]

 各自の研究に関する討論も適宜行う。

 

[成績評価の方法及び基準]

 与えられた課題に対する発表資料の作成と口頭発表により研究論文の理解の程度(D-1, D-2) (50%)とプレゼンテーション能力(D-3) (50%)を総合的に評価する。また、質疑応答もそれぞれの評価に加味する。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

科 目 名:化学反応工学                        科目英文名:Chemical Reaction Engineering

担 当 者:米澤 義朗

授業(形態):専門科目(講義)                   単位(区分):2単位(D)

                                                                     

[科目の主題と目標]

 材料開発、機能物質合成のための化学反応論、反応プロセスについて解説し、さらに最近の研究論文、総説、解説を用い凝縮相の化学反応、反応動力学の実験法、理論的解析法について演習、討論をおこなう。

 この科目は応用化学科の学習教育目標の(D)に関連する。

 

[授業内容・授業計画]

 週1回程度適宜設定し、その年度の授業計画、授業内容及び資料は、一回目の講義の際に配布する。

 

[教材]

 資料は適時配布する。

 

[受講生へのコメント]

 各自の研究に関する討論も適宜行う。

 

[成績評価の方法及び基準]

 与えられた課題に対する発表資料の作成と口頭発表により研究論文の理解の程度(D-1, D-2) (50%)とプレゼンテーション能力(D-3) (50%)を総合的に評価する。また、質疑応答もそれぞれの評価に加味する。