科 目 名 :環境分析化学

科目英文名:Analytical Chemistry for Environment

担 当 者 :竹中 規訓

授業(形態):専門科目(講義)  単位(区分):2単位(C

 

[科目の主題と目標]

環境中で起こる種々の現象を理解しようとすると、刻々と変化する多くの物質の場所と時間を考慮した分布を測定しなければならない。そのためには単に分析技術の習得だけでなく、分析データからの情報の理解、大気圏、水圏、地圏、生物圏にわたる化学種の分布、反応、さらに、例えば生物濃縮のような蓄積過程についても理解を深めることができるように講義をしたい。

この科目は応用化学科の学習教育の(B-3)に関連する。

 

[講義内容、授業計画]

 

 回 数

   題 目

         内  容

 第1回

 第2回

 第3回

 第4回

 第5回

 第6回

 第7回

 第8回

 第9回

 10

 11

 12

 13

 14

 講義全体の概要

 大気圏の分析

 大気圏の分析

 大気圏の分析

 水圏の分析

 水圏の分析

 生物圏の分析

 毒性分析

 毒性分析

 環境動態分析

 環境動態分析

 宇宙と分析

 分析からの情報

 まとめ

 環境の理解と分析化学

 気体の分析

 液体の分析(雨、雪、露、霧、霜など)

 固体の分析(黄砂、氷、粒子状物質など)

 河川水の分析

 海水の分析

 生物濃縮と微生物変化

 生物毒と発ガン性、変異原性(生物を用いた分析)

 内分泌錯乱物質

 環境中での化学種の変化

 相の変化と分析

 オゾン層、星間物質、地球外生物の分析

 分析データからの起源、発生源の推定

 

[評価方法]出席、レポート

[受講者へのコメント]分析化学の基礎を学習しておくこと。竹中先生は大阪府立大学工学部機能物質科学科の先生で、非常勤講師としてお願いしていますので、必ず出席して講義を聞くこと

[教材]授業ごとに用意したプリントを配布します